神戸屋

きらめく聖夜に Christmas Cake 2020

いちごのコーティング

神戸屋のいちごは専門店並みのツヤが自慢。
これは品質に自信があるからこそ!
選りすぐりのいちごをひとつひとつ丁寧にトッピング、コーティング仕上げをしています。

驚きの12層

1984年から、神戸屋だけが作り続ける秘伝のレシピ。
5層のスポンジ、5層のホイップムースに2層のアプリコットジャム。丁寧に12層を
合わせるのは至難の業!惜しまぬ手間から生み出されるとろける口どけをお楽しみください。

天然系着色料のオーナメント

色鮮やかで可愛いサンタのオーナメントは、クリスマスケーキならでは。でも、着色料が
気になりますよね。神戸屋のクリスマスケーキのオーナメントは天然系着色料にこだわり。
お子様にも安心してお召し上がりいただけます。

畑仲 尉夫監修

バスクチーズケーキ

濃厚・なめらか。
香ばしく焼き上げた
甘さ控えめ大人の贅沢スイーツ。

畑仲 尉夫(はたなか やすお)

『2012年 ベーカリーワールドカップ』
飾りパン部門 日本チーム優勝

『2014年 ベーカリーマスターズカップ※』
飾りパン部門第3位

  • ※パン職人の世界一を決める個人戦。世界から選ばれた3部門24名の代表が個人の技を競う。

津田 宜季監修

モンブラン

マロンクリームと粒マロンをトッピング。
心ゆくまでマロンが楽しめる
至福の味わい。

津田 宜季(つだ よしき)

『2011年 ガレッド・デ・ロワ コンクール※』
(フランス本戦)第10位入賞

『2020年 ベーカリーワールドカップ』
ヴィエノワズリー部門 日本チーム準優勝

  • ※フランス人の愛する伝統菓子“ガレット・デ・ロワ”。毎年パリでは、選抜300作品を100人が審査する伝統のあるコンクールが開かれる。

パンにも世界大会があるのをご存知ですか?
ベーカリーワールドカップ(クープ・デュ・モンド)

パンのワールドカップといわれ、4年に1度フランスで開催。
世界の代表12ヵ国が各国3名の団体戦でベーカリーの頂点を
目指し競う、世界最高峰のパン職人たちの戦いです。

  • 12層のとろける口どけ

  • 5層のスポンジと5層のホイップクリ-ムが織りなす極上の食感。アプリコットジャムのまろやかな甘酸っぱさがアクセント。