神戸屋

さらにおいしくなって復刻したコーヒーデーニッシュ誕生秘話

コーヒーデーニッシュは
喫茶コーナーから生まれた!?

昭和50年ごろ発売されたコーヒーデーニッシュ。
当時は、デニッシュ菓子パンが市場に出回りはじめた頃でした。

神戸屋の直営店に併設された喫茶コーナーでは、
コーヒー×パンの組み合わせが人気に。
そこから着想を得、開発されたのが、このコーヒーデーニッシュです。

クセになる味!と一気に人気商品に

甘めの生地に、ほろ苦コーヒーの相性がよく、「クセになる味」として人気商品となりました。「コーヒー」の伸ばす音に合わせ、「デ」に強いアクセントをおいた「デーニッシュ」という品名も、語感がよく、親しまれる要因に。

スイーツのような菓子パンが多く並ぶ今だからこそ、昔懐かしい、思い出の味をお届けします。

おいしさの秘密は、
「ホンダン「生地」にあり!

※ホンダンとは砂糖衣のこと

上質なキリマンジャロコーヒーを
ホンダンにトッピング

コーヒーで香りづけした、自家製ホンダン。
ほろ苦さと、甘さが合わさって、飽きのこない味わいに。

生地をツイストすることで、ほどよいヒキが生まれました

ツイストすることで、ほどよいヒキが生まれ、食べごたえのある商品に。
噛みしめれば、コーヒーの香りが広がる、コーヒー風味のデニッシュ生地です。

私たちが自信をもってお届けする「コーヒーデーニッシュ」

どうぞ、お召し上がりください。

神戸シリーズに戻る