神戸屋

おいしさへのこだわり

自然の力で引き出す美味しさ

1994年、時代は科学技術の恩恵を一身に受けていた頃、神戸屋は業界に先駆け『イーストフード・乳化剤無添加』商品を発売しました。
じっくり“時間”をかけて生地を発酵させる。
“水”や“油脂”、“砂糖”の性質を利用する。
“熱”や“重力”の理論を活かす。
この23年で試行錯誤を繰り返し、無添加の技術を培ってきました。

人工の添加物を加えれば、でんぷんの分子と水の分子は、化学の力でしっかりと結合します。
いつまでもやわらかいパンを作ることができます。
しかし神戸屋は、小麦本来の美味しさをお客様に味わって頂きたいという想いから、敢えて、自然の力で美味しさを引き出すことに挑戦し続けています。

近年、より一層お客様にとって無添加の価値が高まってきています。
無農薬の野菜や朝摘みの果物、牧場指定の牛乳、国産のお肉…
食材へのこだわりは、パンまで完結しているでしょうか。
「イーストフード・乳化剤無添加」の食パンで、

お客様の「健康食卓Ring」神戸屋がお手伝いします

前へ