HOME > 会社案内 > 人材育成

人材育成

会社の成長のためには、社員一人ひとりのレベルアップは不可欠。
経営理念の一つに「社員の能力開発」を掲げている神戸屋では、充実した教育研修制度と自己啓発のバックアップで、個人の成長を応援しています。
また、社員一人ひとりがやりがいを持って働くことのできる職場環境の実現に向け、ワーク・ライフ・バランスの推進などに積極的に取り組んでいます。

教育の4つの分野

職級別教育

各自の該当する職級(※)に必要な知識・技術の向上を目的として、行われます。

【例】昇格者研修、新入社員教育 等

階層別教育

上級管理職、管理職、監督職等の階層別に、リーダーとして必要な要件の付与向上を目的に実施されています。

【例】上級管理職研修、管理職研修、監督職研修 等

職務系統別教育

営業や製造、事務等の職種別に、その専門的知識と技能を身につけることを目的に、実施されています。

【例】営業研修、製造研修、
社団法人日本パン技術研究所派遣 等

その他教育

教育効果を高めるには社員一人ひとりの主体的な取組みが大切。神戸屋では「自己啓発」を支援するさまざまな制度や、選抜型の研修も設けられています。

【例】通信講座神戸屋改善制度、パン製造技能検定、
長期海外技術研修 等

(※)職級・・・神戸屋では適正な人事管理を行うため、「職級制度」を取り入れています。職務遂行能力(仕事のできる力)に応じて1〜10級の10段階に分類・格付けしたものを職級といい、給与・賞与や昇進等に反映させています。

神戸屋の新人社員教育

入社前教育

内定者に入社までの約半年間、通信制による入社前教育が実施されます。神戸屋の概要や社会人としてのルールやマナーを学ぶこの教育は、内定者と神戸屋を結ぶパイプラインの役割を担っています。

入社時教育

入社式後約2週間にわたって行われます。学生から社会人への意識の変換を行うとともに、神戸屋についての知識、パンや食品衛生についての知識など、これから神戸屋で仕事をするにあたって必要なことを学びます。

職場でのOJT(On the Job Training)

各職場へ配属後、実際に仕事に携わりながら、上司や先輩から仕事の基本を学んでいきます。

社内通信講座

社内講師が作成した通信制の教材「パン菓子の科学」と「食品衛生」を学びます。

新入社員フォローアップ研修(9月・2月)

仕事への姿勢や考え方の振り返り、また、先輩社員になるための意識改革を行います。

その他の人材育成

通信講座

余暇時間を利用して、自分の能力を高め仕事に生かせるようにと、昭和42年より開講されました。
公的資格の取得を目指すものや、仕事の専門知識を高めるものなど、100を越える通信講座を開講しています。

神戸屋改善制度(ステップ30)

自分たちの仕事と職場に関する問題を改善・解決することによって、全社的な「仕事の質」を上げることを目的とした改善活動を行っています。
「年間一人30件の改善提案を出すことにより、会社も社員も30%の能力アップを図ろう」という取り組みです。

長期海外技術研修

意欲ある社員をヨーロッパに約半年間派遣し、パンや料理の本場で技術や感性を磨こうとするもの。研修で得た技術・知識・感性をもとに、「Fresh&Pure」でこだわりのある商品が開発されています。

社団法人日本パン技術研究所派遣

パン製造に関する専門的な知識を高めるため、社団法人日本パン技術研究所が開講する100日間に及ぶ「製パン技術教育コース」に、毎年社員を派遣しています。

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて

神戸屋では次世代育成支援対策推進法に基づき、社員が仕事と子育ての両立を図る上で必要な職場環境を整備するため、一般事業主行動計画を策定し、その達成に向けて取り組みを進めてきました。そして2013年5月、大阪労働局より「子育てサポート企業」に認定され、認定マーク「くるみん」を取得しました。2015年には継続認定も受けています。仕事と生活の両立の実現には、社員一人ひとりの能力アップや仕事の効率化などは不可欠ですが、神戸屋はこれからも意欲ある社員を応援し、やりがいを持って仕事に取り組める職場環境づくりをすすめていきます。

くるみん

特集 社員座談会 突き抜けろ!~神戸屋だからできること~