円熟

"おいしさのカギを握る、“重力”を活かした「ゆりかご型製法」。半円形の食型で、パン生地をやさしくじっくり育て、高温で一気に、均等な熱で焼き上げるから、中はしっとり、皮までソフトに焼き上がります。"

イーストフード・乳化剤無添加

おいしさの秘密

“重力の活かし方”

重力を活かす、とは・・・・通常の角食パンは重力によって発酵中・焼成中に底の部分に圧力がかかり硬くなってしまいます。円熟はゆりかご型の食型を用いるため、重力を受けながらもその力を曲面を使ってバランス良く分散させ、じっくり優しく醗酵・焼成します。自然の力を上手に使いふんわりしっとりした食感のパンに仕上げます。火通りの良いのもこの食型の特徴です。

「ゆりかご型製法」のご説明映像を是非ご覧ください。

  • 「円熟」トップページ
  • どこから食べてもおいしい「ゆりかご型製法」
  • 「円熟」を生んだ神戸屋のパンづくりへの想い
  • 「もちふわ食パン」トップページ

スペシャルサイトトップページ

ページトップへ戻る