Fresh & Pure
への第一歩

Fresh & Pureの実践
それは無漂白小麦粉を使用した食パン『純』の発売から始まりました
1971年のことです

洗剤でおなじみの漂白剤は色を白く仕上げるためのもの
別に味も品質も良くなるわけではありませんが
見た目を美しくするために当時の食品には広く使われていました

味も品質も変わらないのなら
余分な手間を加えない方がいいのではないか
そんな自らの問いかけによって採用した無漂白小麦粉ですが
他社製品より黒ずんで見えるパンの評判は良いものではなく
多くのお客様のご理解をいただくまでに数年の歳月を要しました

でも、私たちの提案は決して無駄にはなりませんでした
1973年、家庭用の小麦粉が全面的に無漂白に切り替わり
私たちもすべての商品に無漂白小麦粉を使用するようになりました
そして1977年、その輪は食品業界全体に広がっていき
それ以来、小麦粉を使うほとんどの食品が無漂白になっていきました

漂白した小麦粉は使わない
そんな私たちの提案を受け入れ、温かくご支持いただいたお客様に
改めて心から感謝しています